705(直子)の家へようこそ!


IMG_9029.JPG D5B065C9-7E37-4604-BAA4-8EBB30219261.jpg
おうちカフェへ遊びに来てね^^

Facebook 始めました! よかったら友達になってくださいね〜



2012年08月09日

第二回KAZE男子料理教室「金目鯛の煮付け」レシピ

8月7日第二回KAZE男子料理教室exclamation×2

「金目鯛の煮付け」レシピ
   (夫のメモを利用しました)
 

  金目鯛の煮つけ  料理教室の先生の指示の下で 
 
☆金目鯛の内臓とエラを取る

 店でウロコは取ってもらう
 (内臓とエラも取ってもらってもいい)
☆腹の表裏に1〜2か所切り目を入れる

ゴボウの泥を落とす
 ゴボウをたたく(早く煮るため・ダシもしみる)
 ゴボウは太いほうがいい
 ★盛り付けに使う
  5センチくらいに切る→洗う
 ★水から15分くらい下煮する
  後で魚と一緒に煮る

*タレを作る
 しょうゆ・500ml
 酒   ・4合弱(700ml)
 みりん ・3合弱(520ml)
 白砂糖 ・600g
 水は入れない→日持ちさせるため

*魚や野菜の煮付けにも使える(肉は×)

☆タレを15〜20分煮つめる
 (ふつふつとなるくらいの強火で)
 作っておけば常温で一年くらいもつ!
 ダシや水を入れるともたない
 水がないからどんどん「つまる」

 半分ボールに取る
 
 今回は最初に3匹の金目鯛を入れた(鍋の大きさに合わせて)

生姜の薄切り(なければ梅干し)
 臭みを無くすために

★鍋にタレを入れ、生姜の薄切り、ゴボウ、金目鯛を入れ、
10
分くらい強火で煮る
(相当強火で泡立つくらいグラグラと煮る)
 *アクを取る
 *煮崩れするからひっくり返さず、周りのタレを回しかける
 *浸けながら食べるため
 (浸けて置く時間がないから)
  煮汁を魚に掛ける

★皿に盛る(金目鯛・ゴボウ・生姜)
★飾りに緑の葉を添える
☆残ったタレを最後にかける!


※出刃包丁の研ぎ方
 赤土という砥石を使う
 荒土もある(刃を欠いた時に)
 丸くなった表を研ぐ
 研ぐと裏側が荒れる
 2〜3回反対側を研ぐ
 返しがなくなる

posted by naoko at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理とレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金目の煮付けのたれ、いつも水を入れて煮てました。
残り汁は捨ててました。
レシピとても、勉強になりました。有難うございます^0^
Posted by チャミ at 2012年08月09日 22:03
他の写真は
下の「マンヨー」をクリック!
Posted by マンヨー at 2012年08月30日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック